MBAの費用はいくらかかるか?

MBAの費用

MBAに通うと授業料などが高額なんじゃないか?元は取れるのか?

海外MBAと国内MBAではどれくらい費用に違いがあるのでしょうか?

国内MBAの費用

国内MBAの場合学費はどれくらいかかるのでしょうか?ここでは2018年9月時点で国際認証を取得している国内MBA4校のみを比較してみました。[read more=”続きを読む” less=”閉じる”]  

各校の概算

名古屋商科大学 慶応大学 立命館アジア 明治大学
入学金 270,000 60,000 300,000 200,000
授業料(年間) 1,485,000 3,500,000 1,247,400 1,533,000

*慶応大学の授業料は全日制と週末中心のEMBAともに同じみたいです

慶応が圧倒的に高く、他大学はほぼ横並びといった感じでしょうか。私が在籍していた医学部の授業料が50万円×6年=300万円でしたので、慶応はそれと同じくらい、その他はそれよりずいぶん安いという感じです。後述しますが教育訓練給付金制度を利用すると学費のかなりの部分が国から返還されますので要件を満たしている方はぜひ利用してください。注意してほしいのは通う大学院が対象校になっていないと給付金制度が利用できないのと、入学の1ヶ月前にはハローワークに提出しなければならない書類があるので合格発表後すぐに提出できるように事前準備の必要があることです。

教育訓練給付金制度

厚生労働省が高度人材育成のために行っている給付金制度です。実際の受付や書類の発行は各地域のハローワークで行われています。私が申請したころは最大で96万円の支給だったのですが、現在は増額されて最大112万円となっています。雇用保険に加入していた期間が所定の年数を超えていることなどの要件があります。支給額や要件は適宜変更される可能性がありますので厚生労働省のホームページで確認してください。勉強したらお金がもらえる!!最初知った時は信じられなかったくらいお得な制度です。

海外MBAの費用

海外といってもヨーロッパ、アメリカ、最近ではアジアのMBA等どこの地域を選ぶかで学費や生活費の負担は大きく変わりそうです。とりあえず欧米のビジネススクールの学費はこんな感じです。

代表的な海外MBAの学費

Harvard Stanford INSEAD
$63,000 $100,000 €84,000

どうでしょうか?さすがに高すぎるような・・・。1年間で授業料+寮費で700~1000万くらいはするということですよね。しかも教育訓練給付金のような制度もないので全額自腹・・・。

海外MBAに通うことによる機会損失

海外MBAに通う場合仕事を辞めることになる方が多いでしょう。かつては企業派遣や国からの派遣でHarvard等にMBA留学する方も多かったのですが、留学が終わるとみんな会社や役所を辞めてしまうので今は下火になっていますね。海外に留学した場合その国で日本と同じように働くというのはビザの問題もあり不可能ですので、かなりの貯金または奨学金を得ていく必要があります。

また留学中に働くことができなかったことによる経済的損失=(あなたの年収)×2(年)が機会損失となりますので学費+滞在費+機会損失分を失うことになるということです。どうしても海外人脈が欲しい方や、若い方ならばそれだけの投資を行うメリットがあるのかもしれませんが、果たしてそれだけの巨額の投資をして回収するのに一体どれくらいの時間がかかるのでしょうか?今やあまりに高額な海外MBAを狙うメリットは薄れているといえるのかもしれません。[/read]

投稿者: Dr.ひろ

内科医として大学病院、地域中核病院、小規模クリニック、在宅医療、自由診療と様々な医療を経験。大学病院時代は基礎研究にも従事。現在はフリーの内科医として都内で診療にあたる。 みなさんが健康を意識し維持できるように、医療・健康に関わる情報を解りやすく身近なものとして提供したいと考えています。そのための手助けになれれば嬉しいです。/ 医師(日本内科学会認定内科医、日本血液学会血液専門医)/ 医学博士(内科学, 東京大学)/ MBA(経営管理学修士, 名古屋商科大学)/ 産業医/ 合同会社スケールフリー代表社員