医療費抑制はさらに強化されるのか?

国の医療費抑制強化策

また新たな医療費抑制策に国が動き出しました。

かかりつけ医制度を強化して医療費抑制を図ることを目指しているようです。

 YOMIURI ONLINE(読売新聞) 
「かかりつけ医」以外受診は負担増…財務省提言
https://www.yomiuri.co.jp/economy/20181009-OYT1T50110.html
 財務省は9日、財政制度等審議会(財務相の諮問機関)の分科会で、かかりつけの医師以外で受診した場合に患者の自己負担を増やす制度や、新薬の保険適用の際に費用対効果の検証を導入することなどを提言した。少子高齢化で膨張する社会保障費を抑制する狙いがある。
[read more=”続きを読む” less=”閉じる”]

かかりつけ医以外を受診した際には受診料の自己負担額を増額するという制度を検討しているようで、そのことでコンビニ受診やドクターショッピングを防ごうということが狙いのようです。

新たな制度になった場合の影響は?

これがうまく機能するのであれば、患者にとって次のようなメリットがあります。

・地域のかかりつけ医が患者の健康状態に関してトータルでサポートすることができる。

重複した検査や投薬による医療費の無駄を省くことができる。

・”良い医師が見つかれば”身近に相談できる医師に様々な健康上の相談をしやすくなる。

うまく機能しなかった場合には次のようなデメリットを患者にもたらすでしょう。

・医療機関が「かかりつけ医」となるべく患者の囲い込みを図るようになり、医療上の必要性は低いが患者の希望に沿うような検査や投薬が行われ、結局医療費の抑制が進まない。

・患者が”良い医師”に出会えなかった場合にかかりつけ医を変更するハードルが上がる。

・セカンドオピニオンとしての他の医療機関に掛かるハードルが上がる。

制度を開始するにしてもしばらくは調整しながらということになるのでしょうから、しばらくは医療機関にとっても患者にとっても振り回されることになる可能性もあります。

「かかりつけ医」に適した医師とは?

もう一つの問題は、いわゆるジェネラリストと言われるような頻度の高いありふれた病気を専門領域にとらわれずに診断・治療できる医師の要請が重要になってくるということです。また、緊急性や重症度などを見極めて適切なタイミングに適切な専門病院へ紹介することのできる医師が求められます。

これまでのような専門家領域による縦割りの医療とこの制度は馴染まないでしょう。昔の「近所の町医者」のような医師の需要がますます高まることが予想されます。

最近ではずいぶん減りましたが、

「うちは整形が専門だから風邪は診ない。内科へ行ってくれ。」

といった自分の専門領域のみにこだわるような開業医は経営が成り立たなくなり淘汰されるでしょうし、勤務医でも自分の専門領域しか診療しない医師は冷遇されるような時代になるかもしれません。「クリニックの医師はジェネラリストになってくれ。『○○が専門』なんてことは専門病院に勤務する医師だけにしてくれ。」と国は言っているのでしょう。

また、医師の側にも患者に「かかりつけ医」として選んでもらうためにはサービス業としての基本的な心構えのようなものを身に着けることが必要とされるでしょう。そもそもこれは現在の制度のもとでも当たり前のことなんですけどね。

「かかりつけ医」制度で患者も医師も意識の大変革が起きる?

このように「かかりつけ医」制度のさらなる強化で患者の受診行動や医療機関の意識に大変革が起きるかもしれません。私達は大きな分岐点に立たされているのかもしれませんね。

いや、在宅医療制度の導入などを考えてみても既にその大変革の中にいるのでしょう。うまく適応できた医療機関は生き残り、そうでない医療機関は衰退するでしょう。市場原理としては当然ですが。医師としては全人的に「人」を診ようとする、いわば「医」の原点に返る視点を持つことができ良い部分もあるのではないでしょうか。大きなチャンスにもなりうる変化ですので、今後の行方が楽しみです。[/read]

 

病院以外でも働いている医師

医師はいろいろな場所で働いている

医師の仕事は多岐にわたります。皆さんが接する機会の多い意志はおそらく「臨床医」と呼ばれる病院やクリニックで患者さんの診療にあたる医師でしょう。しかし、人間の健康に関する専門知識を必要とする場所は世の中に沢山あり、様々な場所で医師は働いています。[read more=”続きを読む” less=”閉じる”]

どんな医師がいるの?どこで働いているの?

病院で患者さんの診療を行っている医師以外にどんな医師がいるのか以下に列挙して簡単に解説してみました。

①臨床医

臨床医が数の上でも最も多く、厚生労働省の発表する資料でもだいたい25万人前後です。病院やクリニックで働いている医師ですね。患者さんの病気を診断したり治療したりするのが仕事です。

②研究医

ノーベル医学生理学賞を取られた山中伸弥先生のように、基礎研究に従事している医師もいます。病気の原因や治療法を日夜研究している大変な仕事です。また、一般的に研究医は経済的に臨床医に比べて恵まれないため、副業で臨床のお手伝いをしながら生活している方もたくさんいます。

③産業医

産業医とは耳慣れない言葉かもしれませんが、企業などに努めて従業員の健康や安全に関する改善に取り組んでいる医師です。

東京都医師会の定義によれば次のような医師ということです。

産業医とは、事業場において労働者が健康で快適な作業環境のもとで仕事が行えるよう、専門的立場から指導・助言を行う医師を云います。(東京都医師会ホームページより)

働き方改革等でその役割が注目されています。メンタル面での対応が多くなりますが、それ以外にも病気で休職後の服飾の相談を会社と従業員に対して行います。

④医系技官

医系技官は国家公務員で、厚生労働省に所属しています。医薬品等の規制に関する業務などに従事しています。

厚生労働省の定義によれば次のような医師の事です。

人々の健康を守るため、医師免許・歯科医師免許を有し、専門知識をもって
保健医療に関わる制度づくりの中心となって活躍する技術系行政官のことです。(厚生労働省ホームページより)

医療の安全と進歩のためには無くてはならない仕事ですが、世間的には全くと言っていいほどその存在が意識されていないかもしれませんね。

⑤保険査定医

保険への加入を希望している方の健康診断結果などをもとに、保険への加入が妥当かどうかを判断するのが仕事です。また、生命保険や医療保険からの支払いの際には医学的な妥当性を判断し保険会社の担当者にアドバイスをしたりします。

病院で働くのが嫌なの?

最近では医師もワークライフバランスを追求する方が増えてきていることが、病院以外の場所で働く医師が増えている一因だといえます。

また、子育てなどの事情で病院などでフルタイムで働くのが困難な医師の場合には、病院勤務よりは負担が少なく比較的定時で帰りやすいような職場での勤務を希望することもあるため、以前はなかなか医師を採用しにくかった職場でも医師を採用することが可能になっています。女医さんが増えてきた影響もあるかもしれませんね。ずっと病院以外の職場で働き続ける医師もいれば、プライベートの環境が変わり病院での勤務に復帰していく医師もいます。

[/read]